カードローン借入審査方法と申し込みの流れ

カードローンの借入審査方法や流れを事前にチェックして、スムーズに審査を通しましょう。

銀行カードローンの審査基準はちょっと厳しい

お金を借りる方法として注目を集めているカードローンキャッシングですが、銀行カードローンの審査基準は、消費者金融などと比べると厳しくなっています。 ただ、低金利融資をしているため利用できれば利息負担を抑えてお得に活用していくことができるでしょう。 銀行によって審査の基準は異なるため、この条件を満たしていれば融資を受けられるというものはありません。

また、事前に各社の基準を知ることは不可能ですので、申し込みをしてみないことには自分の条件で融資してもらうことができるのかははっきりしません。 それを踏まえて、いずれのカードローンにも共通する最低限の条件としては、20歳以上の日本在住の男女で安定した継続的な収入を得ている方としています。

安定した収入という定義が難しいところですが、これこそ基準はなく基本的にはアルバイトでも申し込みはできるとしていますが、銀行によっては年収200万円以上ないと申し込みできないとしていることもあるので、重要なのは雇用形態ではなく年収ということになるでしょう。 申込み損にならないように、カードローンの概要をよく確認してから申し込みを決めてください。

ちなみに一般的には、金利が低いほど審査が厳しくなるという見方がされています。 金融機関は低金利融資ができるのが特徴ですので、金利が高いと言っても消費者金融などに比べればかなりお得です。 そのため、その辺はあまり気にすることなく選択してみるといいでしょう。 また、審査が不安という方は事前に相談してみるのもおすすめです。


お金を借りられるカードローン

お金を借りる方法はたくさんありますが一番に浮かぶのは銀行や消費者金融のカードローンではないでしょうか。 最近のカードローンは審査にかかる時間もとても短くなり早ければ即日借入ができるものも増えてきています。 では、この多くの商品の中から何を基準に選べば良いのでしょうか。

【安心・安定感を重視される方】

銀行系のカードローンがお勧めです。 銀行は「銀行法」、消費者金融は「貸金業法」という規制のなかで運営をしています。 違いは細かくありますが大きな違いは、やはり借入時の金利と借入限度額の違いだと思います。

貸金業法では個人の借入総額が原則、年収の1/3までに制限される総量規制を受けます。 一方、銀行の場合はその総量規制の対象外となるのでより多くの金額を借入をすることが出来ます。

ただし、銀行からの借入は消費者金融からの借入に比べ審査が厳しい傾向にあります。 時間は若干かかりますが借入先が銀行というのはとても安定しているので安心を得たうえで借入をすることが出来ます。

【スピードを重視される方】

早急にお金が必要だという場合は消費者金融のカードローンがお勧めです。 手続き・審査のスピードが格段に違います。早ければ30分で審査結果が出てその日のうちに借入をすることも出来ます。

インターネットやスマートフォンから手続きが可能で来店が不要のものもありますので手続きに時間をかけることなくお金を手にすることが出来ます。 商品によっては初めて借入をされる方を対象に無利息キャンペーンを行っているものもありますので上手く使えば銀行より安く借入をすることも可能です。

【金利・借入極度額を重視される方】

銀行系のカードローンがお勧めです。 借入限度額は消費者金融がだいたい300万~500万円なのに対し、貸出資金が豊富にある銀行は500万~800万円とかなりの高額に設定することができます。

そして金利も銀行のカードローンだったら2.5%~15%前後と消費者金融の4.5%~18%という数字に比べて低い設定になっています。 ですのでローンのおまとめ等を考えらている方にもお勧めです。

☆ATMの設置台数、利便性の高さ

銀行のATM、コンビニATM、提携ATMは銀行カードローン、消費者金融ともに全国に多数あるので外出先で必要になっても困ることはありません。 ATMの利用手数料がかからない銀行もありますので例えば土日や祝日にお金が必要になったときは手数料をかけて自分の口座から引き出すより カードローンで借入をしたほうが安く済む場合もあります。

カードローンと一口に言っても商品は数多くあり特色もそれぞれあります。 一番ご自分にとって使いやすい、メリットが大きいものを選べると良いですね。

(c)借入審査の流れ.com All Rights Reserved.