消費者金融カードローンでお金を借りたい方へ

消費者金融カードローンの借入審査基準

なぜ受からない!?消費者金融の借入審査基準

消費者金融からお金を借りる時には必ず審査があります。 審査では返済能力の確認を行い、返済能力基準を満たしていれば融資可能、返済基準を満たしていなければ融資は不可能となります。 消費者金融の審査は他の金融会社に比べて甘いとされているため、比較的通過しやすい基準にはなっているのですが、それでも審査に通過できない人は少なくありません。 では、実際にどのような審査基準になっているのでしょうか。 審査基準に関しては、一概にこうであるという基準はありません。 平成24年度時点での貸金業者の登録数は2,350社ですので消費者金融といっても数は知れず、各社によって異なる基準を設けているため、A社では審査に落ちたけどB社では審査に通過できたということも珍しくはないのです。 そういったことを踏まえて、審査に落ちてしまった人に考えられる理由としては、収入が少ない、勤務年数が短い、他社への返済が多い、多重申込みをしているなどがあげられます。 審査に通過できないということは、返済能力に何かしらの問題がある人ですので、何が問題だったのか考えてみましょう。 また、本来の返済能力には問題がなくても申し込みの際に虚偽の情報で申込みをしたら信用は得られませんので、当然のごとく融資はうけられません。 また、嘘の情報で申し込むと今後の審査にも大きく影響してきます。 さらに記入間違いなどでも審査に落ちてしまうため、申し込みは慎重に正しく行うことが大切です。

(c)借入審査の流れ.com All Rights Reserved.